株主・投資家

株主との建設的な対話に関する方針

当社では、グループ経営統括本部内にIR担当部署を設置しています。
当社グループの事業とグループ経営理念への理解をより深めていただく機会として、株主総会をBPO拠点で開催している他、国内外の機関投資家向けスモールミーティングをBPO拠点で実施するなどしています。また、東京都内では2019年より「株主向け会社説明会」を実施しています。
国内外の機関投資家向けスモールミーティングのBPO拠点での実施等も行っています。
株主・投資家との建設的な対話を促進するための体制・取り組みに関する基本方針は以下の通りです。

  1. 株主との対話については、建設的な対話が実現するよう、代表取締役又はIR担当責任者が直接面談に臨むことを基本とする。
  2. IR担当責任者は、他部署と十分な連携をとれる横断的な体制を構築する。
  3. 株主構造の把握に努めるとともに、株主通信の送付や決算発表後に決算説明会を開催する等して、株主との建設的な対話を促進するための取り組みを実施する。
  4. 代表取締役及びIR担当責任者は、取締役会において対話の状況について定期的にフィードバックを行う。また、国内BPO事業を担当している株式会社プレステージ・コアソリューション、海外BPO事業を担当している株式会社プレステージ・グローバルソリューション等のグループ会社の経営陣に対しても定期的にフィードバックを行う。
  5. 株主間の公平、市場の健全性の確保のほか、株主の自由な株式売買を保障する上で必要な措置として、決算説明会及び株主との面談は、すでに開示されている情報を敷衍して説明することとし、開示されていない重要事実に該当する事実については開示・説明しない。

株主その他の利害関係者に関する施策の実施状況

株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取り組み状況

電磁的方法による議決権の行使 第30回定時株主総会より、インターネットによる議決権行使を導入しています。
議決権電子行使プラットフォームへの参加その他機関投資家の議決権行使環境向上に向けた取り組み 第30回定時株主総会より、議決権電子行使プラットフォームへ参加しています。
招集通知(要約)の英文での提供 第36回定時株主総会より招集通知(要約)を英文で提供しています。
その他 当社グループの事業及びグループ経営理念への理解を深めていただくことを目的として、毎年BPO拠点にて開催しています。第36回定時株主総会(2022年6月23日開催)は当社山形BPOパーク内で開催しました。

IRに関する活動状況

ディスクロージャーポリシー
の作成・公表
ディスクロージャーポリシーを作成し、当社ホームページにて掲載しています。
http://www.prestigein.com/IR/policy/ir_policy.html
個人投資家向けに
定期的説明会を開催
個人投資家向けの会社説明会等を適宜開催しています。
2021年11月には、当社代表取締役のみならず当社グループの経営陣幹部が説明を行う株主向け会社説明会を開催してライブ配信する等、新しい試みにも取り組んでいます。
アナリスト・機関投資家向けに
定期的説明会を開催
定期的に投資家等を対象とした会社説明会を開催しています。
海外投資家向けに
定期的説明会を開催
当社ホームページ上にて決算情報、決算説明資料等を掲載しています。
2022年3月期第2四半期決算短信より決算短信、第36回定時株主総会(2022年6月開催)より招集通知(要約)を英文開示しています。
http://www.prestigein.com/english/IR/ir_library/
IR資料のホームページ掲載 当社ホームページ上に投資家向け情報のコンテンツを設け、決算情報、決算情報以外の適時開示資料、決算説明資料等を掲載しています。
http://www.prestigein.com/IR/ir_library/
IRに関する部署(担当者)の設置 グループ経営統括本部内に設置しています。
その他 アナリスト及び機関投資家向けのスモールミーティングを四半期毎に実施し、最新の業績について説明しています。